日光市 |

特注の麺とソースにこだわった「焼きそば専門店」

2018年08月06日 18:56

■【潜入レポ】「オリジナル」と「富士宮やきそば」の、2種類の麺が味わえる専門店

今回、もんみや編集部が潜入したのは、2018年7月23日(月)にオープンした「焼きそば専門店 焼麺 晃のや(あきのや)」。こちらでは、バラエティー豊かな焼きそばが食べられます。「日光焼きそばグランプリ」で優勝した味を、いつでも楽しむことができますよ!

■必食は『日光生麺焼そば(ソース)(並180g 880円)』



麺は、日光市で生麺を作っている製麺所「麺やふくしま」に協力を依頼。元々、店舗専用の麺は作っていませんでしたが、店主である山本さんの情熱に押され、「晃のや」オリジナル麺が実現したそうです!こちらは、太めのモチモチ麺で、通常のものよりも、小麦の風味がより感じられます。

麺は茹で時間が命!と山本さん。食感は、ちょっと芯があるような、歯ごたえがしっかりしています。

ソースは、こちらも地元日光市の「ユニオンソース」を使用。麺同様に、特注のソースを作ってもらい、店でさらにアレンジを加えています。

麺焼き用、肉焼き用、仕上げ用に、3種類のソースを使い分けているので、コクと深みのある風味豊かな味わいが楽しめますよ。

上にのっている分厚い自家製チャーシューも、この店ならでは。
1日かけて煮込んでいるので、味が良く染みており、口のなかでとろけるのがたまりません。

■"富士宮焼きそば"の麺を使った『晃のや特製塩焼きそば(並150g 680円)』も外せません!



本場静岡・富士宮直送の、蒸し麺を使用。もちろん、「富士宮焼きそば学会」公認です。修行した人にしか使用・販売の許可が降りない「富士宮焼きそば」の麺は、独特のコシがあり、一度食べたらヤミツキになりますよ♪日光焼きそばグランプリでV3を達成し、殿堂入りとなった同メニューをぜひお試しあれ。

■カフェのような、バイカラーの店内がおしゃれ



外観からは想像のできない店内は、シックな黒と明るいオレンジのバイカラーがとっても印象的。シンプルな内装ながら、明るく華やかで、女性でも落ち着ける雰囲気です。

■日光ICから車で6分。駐車場付きなので入りやすい



観光の前にも、後にも立ち寄りやすい場所で、駐車場もあり。また、蒸し麺であればテイクアウトも可能!帰り道に寄って、夕飯用に買って帰るのもいいですよね♪

■編集部の"ココが良き"
上記メニューのほかにも、『日光生麺焼きそば(坦々)(並180g 880円)』などもあり、メニューのバラエティーが豊か!オリジナルの麺はまさに新食感で、ぜひ一度食べてもらいたい一品です。並でも結構ボリューミーなので、女性であれば小でも十分満足できるかな?という印象でした。


【店舗情報】
焼きそば専門店 焼麺 晃のや

住所/日光市御幸町588
TEL/0288-25-7979
営業時間/AM11:00~PM6:00
定休日/不定休
駐車場/6台

>>公式Facebookはコチラ<<


■この新店情報を寄せてくれた特派員
もんみや特派員 No.0005
CODENAME:ここあ
もんみや読者代表として、日々最新の新店情報を収集しているもんみや特派員。その特派員が発掘してきた、もんみや本誌には載っていない、栃木県内の最新の新店情報を紹介。もんみや編集部が実際にお店に潜入して、魅力を余すところなくレポートします!

>>前回の新店潜入ルポはコチラ<<


★そのほかのおすすめ記事はコチラ★
8月中旬~「はが野」の『ナシ』で秋を先取り!

お洒落ガーデンでちょっと大人なBBQを堪能♪

那須で見つける一生モノの輸入雑貨やインテリア

【8/1~8/3】居酒屋「亜もん」の感謝祭が開催!

【串かど通信】串かど8月のおすすめの一皿&一枚

おいしい楽しい和菓子のとらや弥生が新装開店!

【夏バテ対策】ニンニク醤油そそるスタミナ麺

【アプリ限定】8月の甲羅はビール1杯無料&毛がにフェア!

通信に失敗しました。通信環境の良いところで再度操作をお願いいたします。メッセージが繰り返し表示される場合は、恐れ入りますがしばらく時間を置くか、アプリを再起動してから、もう一度操作をお願いいたします。